HOME > 活動報告

活動報告

2012年07月13日

研修旅行2012

1.JPG7月4日(水)総務委員会主催の研修旅行で、神戸に行ってきました。
梅雨時期というのにも関わらず、FICの皆さんの日頃の行いのおかげで、今年もお天気で絶好の旅日和でした。(^^)

今回の旅行のテーマは、近代建築の巨匠フランク・ロイド・ライトの思想を巡る旅!

まず、1つ目の見学先、「ヨドコウ迎賓館」へ。
ここは、灘の酒造家・八代目・山邑太左衛門の別荘としてライトが設計した建物です。
大谷石や植物をモチーフにした飾り銅板などの幾何学的な模様の装飾が多く見られました。
狭い階段や扉の向こう側に広い空間が配置されているのもライト建築の特徴だそうです。窓から見える景色も最高です!!
ライトの素晴らしい演出が随所に見られ、大変感動しました。

次は、「甲子園会館」へ。
もともとは甲子園ホテルとして建てられ、現在は教育施設になっています。
こちらはライトの愛弟子、遠藤 新が設計を手掛けているため、先ほどのヨドコウ迎賓館との共通点も多く感じられました。11.JPG
ライト様式プラス、日本人ならではのモチーフや、天井の市松格子などの和の美しさが随所に見られましたまた、光の角度を計算した意匠や、豪華絢爛なホールなど、見所満載でした。9.JPG
モザイク床タイルもすごく素敵でずっと見ていたくなってしまいます。
また、案内していただいた、梶山さんも甲子園会館の雑学をたくさんお話していただいて、楽しく学習できました。
この研修旅行で、ライトの建築に触れ、次は是非一度、その「落水荘」をこの目で見てみたいなと思いまた。関係者の皆様、参加者の皆様、ご協力ありがとうございました。
posted by 福井県IC協会 at 21:33| Comment(0) | 行事報告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: